更年期は抜け毛が加速する

女性が45〜55歳で経験するのが更年期障害ですが、
この生理現象は女性ホルモンの分泌が急激に減少するからです。
エストロゲンは女性ホルモンの一つで、髪の毛の成長を促進する作用があります。

 

更年期になりエストロゲンの分泌が減少すると髪の毛の成長を促す力も弱くなります。
そうすると成長期が短くなって、髪の毛の生えない休止期が長くなり、
髪の毛が細くなり、色が薄くなる現象が起きます。
すなわち髪の毛のボリュームがなくなり、抜け毛が目立つようになります。

 

更年期は抜け毛が増える

このようなことで更年期になると女性ホルモンの分泌が減少し、
そのためにホルモンバランスも変化して、それが薄毛の抜け毛増加につながります。
更年期障害の一環として起きる女性の薄毛は全体的に髪の毛が抜けます。

 

したがって、最初の頃は抜け毛に気づきにくく、
最近は少し髪の毛のボリューム感がないかなという程度です。
つまり薄毛に気がつくのは脱毛がかなり進行してからという例が多いようです。

 

ある意味では更年期の抜け毛は致し方がないことですが、
更年期を自覚して早期に女性ホルモンの補給を図るなどの対策を講じれば
抜け毛を加速させないで、薄毛にもならないようにできます。

 

 

更年期だからこそ女性ホルモンを意識する

以上のように更年期だから女性ホルモンが減るのは仕方がないことだと思わずに、
更年期だからこそ女性ホルモンの補充に配慮することが必要です。
そうすれば少なくとも更年期が理由の抜け毛の加速に歯止めをかけることができるでしょう。
母乳 ハーブティー